カテゴリー: ころん&みかん

ころんとみかんの誕生日

少し前に、ころんとみかんの誕生日がすぎました。

みかんが先で、あとからころんです。

みかんの誕生日の少し前、注文していたころんとみかんのぬいぐるみが
到着しました。
これでちゃっぴーと3匹そろったんですが・・・。

ちゃっぴーは元気なころに作っていたので、そのころは生地がオプションが
なかったんですが、今回はオプションでふわっとした生地に変更可能とのこと。
せっかくなので、それでお願いしたら・・・。

かわいい!

もちろん、ちゃっぴーもかわいいんだけど、並ぶとちゃっぴーごわごわ?
見てたら笑えてきて、ちゃっぴーがすねそうで、なかなか3ショットでの
写真がとれないまま、ずるずると日がすぎていきました・・・。

そしてみかんの誕生日。
せっかくなので、今日はみかんが前に。

ちょっとこの角度だとみかんの顔が長くみえるけど、実物はもっとかわいいです。

そしてころん・・・。

実はころんとみかんの違いは、微妙なシルエットの差もあるんだけど
ころんはまつげバシバシです(笑)

 

うーん、写真だとうまくまつげみえないな・・・。

でも、みかんところんがならぶとほんとにかわいい。
もちろん、ちゃっぴーも。

でも、並んでるのを見るだびに、ちゃっぴーバシバシって笑ってしまいます^^;

数ヶ月前に、甘いりんごってことで箱で注文してたんだけど
11月にはいったのにこないなー、注文失敗してた?とか思い出してたら
なんと、ころんの誕生日の前日に到着。
ころんのりんごへの執念をみたきがしました(笑)

みかんとのお別れ

※この日記は、ここ最近のことをまとめて7/29にアップしています。
なので、7/29にいくつも記事がアップされていて、日時はあまり関係ないです。

突然すぎたみかんとのお別れです。

原因がなんだったのか、いまだにはっきりわかりません。

歯を削って、毎日お薬生活になったみかん。
サークルでならなでなでもOKだし、すぐ抱っこできるので、
サークルの外でお薬。

少しは怖がらなくなるかなーと、下ろす前に、いつもすこし
体を斜めにした状態で、抱っこしてるというよりは
胸にのってる感じで、みかんをなでなでしてました。

途中ではっと気がついておりようとするんですが、慣れてきたのか
最初のうちはうっとり、顔を出してくるようになってました。
人がこわいというのもあるけれど、見慣れない場所にとまどってたみたい。
なので、サークルの中と外では別人みたいでした。

歯を削ってから一週間。
もどった食欲がまた徐々におちてきてる・・・。
歯はさすがにまだ大丈夫だろうけれど、ちょっとガスがたまりかけてるとか
おなかの動きが鈍くなってるとかかなー?
と、本格的に悪くなる前に、病院にいって薬もらっておこうということになりました。

今はまだ、食べる量がへってるだけで便もしてますし。

病院につれていくと、また血液検査とレンドゲン。
検査なしでは診断できないのはわかるけれど、先週したところなのに・・・。
みかんもストレスだよなあと、ちょっとごめんねって気分でした。

検査結果は異常なし。健康ですとのこと。
ただ、薬をやめると、食べなくなるうさぎさんもいるそうで、
もう少しだけお薬続けましょうとのこと。

まだ、慣れないストレスもあるだろうし、そのほうが安心かも?
とりあえず、なんともなくてよかったと、ほっとしました。

そこで・・、断ればよかったのですが、
お薬注射しときましょうとのこと。

まあ、そのほうがききもはやいだろうし、血液検査等で注射もOKだったから
もうちょっと我慢してねーって気分でした。

ところが、注射をうって、看護師さん(なんていうなろ)が、
キャリーにみかんをもどそうと持ち上げた瞬間、ばたばたって動き出して、
足をけり出してます。

あわてて、キャリーをさしだしたけれど、興奮してなかなかタオルはずれない。
でたころには、全身弛緩しているというか足腰たたない状態で、ひきつけおこした
みたいな感じ。
ころんの酸欠とはあきらかに違います。

その場で、酸素吸入したけれど、回復せず、奥に連れていかれました。

ただごとではないのは分かっているけれど、奥の部屋で何をしているかまったく見えない。
手をつくしてくれてるだろうから、邪魔するよりは我慢。
と思うけれど、30分くらいたっても、何も教えてくれない。

しびれを切らして、看護師さんは何人もいるので(先生も二人)、
どうなってるんですか?と聞いても、もう少し待って下さいだけ。

それから5-10分ほどしてよばれた時には、みかんは息をひきとtってました。

中での詳しい状況とかは、書かないでおきますね。
ただ、背骨がだめになったのかも?レントゲンを撮ったけれど、背骨は
大丈夫でしたとのこと。なので、原因がわからない。
こんなことははじめてで・・・とのことです。

診断はきちんとしてそうだし、うさぎのことも勉強してそうだし・・
と、ちょっと対応や、うさぎの扱い方に疑問はあったのですが、
まだいい病院のほうだと、もろもろのことに目をつぶってしまっていた
自分に後悔です。

実際のところ、ほんとにみかんがびっくりしてこわがりで発作を起こしたのかも
しれませんが、見ている限りでは、引き金は、みかんを持ち上げた時の
持ち上げ方だった気がします。
お尻がういた状態でしたし、蹴りだした足が宙をけるような形になって
脊髄でもいっちゃたんじゃないかと・・・。

レントゲンとったけれどなんともなかったとはいわれたけれど、見てもわかりませんし。
もし、なんともなかったとしても、パニックのひきがねはその動作だった
んだろうなって。
その押さえていた方は、結局最後まで顔を出さず、奥からでてきませんでした。

なんの問題もなく、健康だったのに、一瞬で・・・。

絶対ないことではないので、どうすることもできないけれど、
あの状況で、もうあぶないってわかっているのに30分もあわせてもらえなかったのが
納得できなくてしょうがなかったです。

奥につれていかれて、すぐにもう息をひきとっていたんじゃないかとおもうので・・・。

息をひきとるまえや、ひきとったあとすぐにでも呼んでもらえてたらって。
呼ばれたころには、つめたかったですから・・・。
一番怖い思いをしたときに、そばにいさせてもらえなかったこと。
みかたをかえれば、必死に努力してくれていたという方もいるかもしれません。

でも、私にはどーしてもそうはおもえなかったです。
なんとかごまかそうとしているとしか・・・。

もし、同じことがちゃっぴーの先生のところでおこっていたら、
同じ結果でも、こんな気持ちにはならなかったと思います。
対応が全然違ったと思うので。

何もないのなら、どうして押さえていた人が最後まで顔をみせなかったんだろう?って。
その人が原因ではなくても、普通は何かひとことあるんじゃないかと思います。

せっかく、我が家にやってきてくれて、サークル内ではゴロンとかして
くつろいでくれていたのに・・・。

今は、もう、お月さまでのんびりしてくれていることを祈るばかりです。

みかんの病院

※この日記は、ここ最近のことをまとめて7/29にアップしています。
なので、7/29にいくつも記事がアップされていて、日時はあまり関係ないです。

みかんがきた翌日。

あまりのみかんのビビリ具合に、やっぱりここまで怖がりのうさぎさんを
がらっと環境の違う我が家につれてきてよかったのか?
かなーり、心配になりました。
ゲージからサークルなので・・・。

ただ、2-3日たつと、サークルの外にはびびってあんまりでてこないけれど
サークルの中ではごろん。

サークルの中で走るというか、トイレ飛び越えて
ドッスンバッタンって音がして、何事??って。
大きいと動きも激しいというか、すごいのねぇ・・って、頼もしく感じてました。

ころんで、どのこもかわいい。
っていうのはわかっていたし、色の違いでちょっとしっくりこないけれど
やっぱり、こわがっていてもかわいいなーって、思えるようになりました。
この大きさも安心感があるしって。

ところが、ちょっと食欲がおちてきた??
なんかへんだなーと、病院へ。

ころんはこわがりなせいもあるし、緊急の場合は近所の病院に行くだろうし、
旦那が忙しくなってきて、この日にって思ってもすぐ予定がたたないことも
増えそうなので、それなら近所の病院に最初ならしておいて、
落ち着いたらいつもの病院に行こうってことになりました。

結果、かみ合わせが悪いというほどではなくて、削るほどでもないけれど
よだれがかなり口の中にたまっているとのこと。
この病院は、検査してから・・・なので、口の中をしっかりみるために
麻酔をかけられてました。

なので、この状態で、削るかどうかきかれたら、そりゃあ削るでしょう・・と。
よだれがでてて、しかももう麻酔かけてるから、削るの失敗とかでも
しない限りリスクは同じなわけだし・・・。

血液検査、レントゲンも異常なし。

診察のストレスから食欲がおちることもあるかもとのことで、
胃腸のお薬もらってかえりました。

びびりのくせに、その日の夜からバクバク食べだしました。
やっぱり、歯が悪かったのかーと、一安心。

外にはまだこわくて、外でくつろぐってほどではないけれど、
サークルの中やサークルの前でくつろいているときは、なでなですると
うっとり目をとじて気持ち良さそうにしてました。

残念なのは、びびりなので、写真はおちついてからにしようと
撮っていなかったことです。
もっと撮っておけばよかった・・・。

寝てるところだったのに、シャッター音でおこしてしまいました。
ごめん・・・。

ちょっぴりカメラ目線。
大きく感じるトイレも、みかんが使うと小さく感じる・・・(笑)

みかんとの出会い

※この日記は、ここ最近のことをまとめて7/29にアップしています。
なので、7/29にいくつも記事がアップされていて、日時はあまり関係ないです。

立て続けになってしまうのと、あまりの出来事に私もなんと書いていいのか?
あと、書くこと自体しないほうがいいのかなー?とか、いろいろ悩んでました。
みかんがお月さまにいった原因が、はっきりしないので・・・。

ただ、もうすぐ、ちゃっぴーの骨壷が我が家にやってきます。
追加追加で、ころんとみかんの分も。
なので、みかんだけ隠してるような状態もいやだなぁと、
ちょうどいい機会だし、ブログに書くことにしました。

ころんがいたお店に、報告とお礼にうかがった時に、
きっと私たちの落ち込みが激しかったのでしょうね・・・
みかんを紹介されました。

みかんは1歳半で、元気なのですが、一度繁殖したあと、繁殖をいやがって
逃げ回るので、無理やりもかわいそうだしと、母うさぎ引退でのんびりすごす
ことになったそうです。
ちょっとびびりだけど、体重1.6kg、がっしりした健康そうな体格のこでした。

でも、黒っぽい色にこだわりのあった私。
みかんはオレンジ。
うーんと、ためらいもありました。

他は、子供のオスのネザーと、レッキス。
子供からのほうがいいんだろうなーと思いながらも、旦那はネザーの女の子が
いいらしい。
私は、見た目が違うので、なんとなくどのこもいまいち。

こんな短期間にって思うのもあったけれど、旦那が色は違うけれど
みかんはちゃっぴーになんとなく似てると気になってしょうがなさそう。

悲しみに大小なんてないし、悲しくて他のうさぎを迎えられない人もいれば
違う子でもいるとささえになる人、いろいろだと思います。
新しいうさぎさんに、前のうさぎさんを重ねる人もいるでしょうし。

旦那も、多分、自分がお店にいって、たまたま見かけただけなら
連れてかえる気にまではならなかったとおもいます。
ただ、こういうのって縁だなーって、ちゃっぴーがお月さまにいくまで
いったことのなかったお店で、なぜかとっても話しやすくて何時間も
話をしたお店。

今回も、お店のかたに、後押ししてもらわなかったら、決心はつかなかったと
思います。
話してるうちに、だんだん気持ちがかたむいていくってのもあったのかも?

そうしてみかんは我が家にやってきました。

あっというまの日々でした

ころんがお月さまにいって、火葬もすんで・・・。
ちゃっぴーで一度経験しているので、骨になってもどってきた
ころんはすぐに仏壇もどきへ・・・。

ちゃっぴーの時は、まだ途中だけれど、移転前のブログの記事をうつしたり、
写真をいれるためのものを探したり、仏壇用品やいろんなものを
どれにしようかと、いろいろ探したり、やることがいろいろあって
ころんがくるまでに、全部そろってなくて、いろいろあれもいるかなとか
考えているところだったので、なんだか、まだちゃっぴーがいるような
感じでした。

いま、ころんがいなくなって、写真も少ないし、必要なものはそろっているしで
準備していたわけじゃないけれど、ころんのために、これからしてあげれることが
なくて、なんだかなーって感じです。

写真も、子供じゃないから、撮らないでいても、そんなに見た目がかわるわけじゃないから
今無理に撮るよりも、落ち着いたらもっといっぱい撮ってあげようって
写真ひかえてました。
こんなことになるなら、もっと撮っておけば・・・。

旦那が、ちゃっぴーはちゃっぴー似のぬいぐるみとかいろいろあって
買ってあげたけれど、ころんには何もないのがかわいそうって、
火葬に行く前にいってました。

その時は、きてまだ間もないし、おちついたらゆっくり、揃っていくものだし、
へんにころんグッズいぱいあると、なんだか、ころんを見ずにグッズにばっかり
気がいってたみたいな気がするから、ころんがいればよかったんだから、
なくてもよかったって思ってました。
これから買うつもりだし。

でも、仏壇に遺骨をならべると、やっぱり似たぬいぐるみとかあれば
よかったなーって。
しょうがないので、全然似てないけど、茶色っぽいうさぎで代用です。
似てるぬいぐるみとかって、何カ月もかかるんですよね・・・。

仏壇もどき、ちょっとさみしかったので、やっぱり布を敷きました。
今はさみしいどころかにぎやかすぎ。

そして、お香たてですが、1色ちゃっぴーにってお願いしていたんだけれど
残りの2匹がころん色。
偶然だけれど、ちょっと嬉しいです。

手狭になってきたので、別においていたりんごジュースはなし。
お皿にこわけで我慢してね。

生野菜食べれないころん用に、ペレットと人参葉のペースト。
ちゃっぴーは食べ物増えたって喜んでそうです^^;

私は、スロースターターなのか、ころんをかわいいとは思ったけれど、
最初からどっぷりって感じではなかったです。
ただ、他のうさぎは、絶対だめ!って連れてかえるの却下してたけれど、
なぜかころんは、ころんならいいかって、思えてました。

家で飼われていたこと違ってお店を家は、環境が全然違う。
しかも工事がはじまったりして、ころんには悪いことしたなって
こないほうが幸せだったんじゃって思ったりも。

ペットを亡くした時は、すぐに新しいこを迎えたほうがってよく聞くけれど
そんなつもりでむかえたわけではないし、ころんがきたことで
ちゃっぴーがいないことが実感できたのか、きてからのほうがちょっと
泣けてくる回数がふえたりしていました。

なので、気持ちのきりかえもなかなかすぐにはうまくいかず、
誰だペットロスには新しい子なんっていったのは、人それぞれじゃないか。
って思ったりもしました。
(えっと、これをみて、私にそういってくれた方、誤解しないでくださいね。
一般論に対して思っただけで、私に直接いってくださったことには、
とっても感謝しています。)

なので、一年くらいかけてゆっくり仲良くなっていけばいいかって
思っていたんだけれど、いつのまにか、すごくかわいくて大切な存在になってました。
多分、食べ物にいろいろ苦労したんで、しょっしゅう何食べてるかとかみたり
してたからだとおもいます。

最初のころは、好物みせても、なかなかサークルからでてこなかったのに、
だんだん、見せてよぶと走ってきたり。
まだないの?ってご飯食べてる私のまわりをうろうろして、背中にタッチしたり。

体重がきになったので、朝晩体重をはかることにしていたんだけれど、
最初はすぐおりていてやりにくかったのが、薬をお皿から飲むようになっていたので
ためしに体重計の上であげたら、飲んでる間おとなしく。
これは!!って、とっても楽になりました。

しかも・・・、朝晩の日課になっていたので、
私が台所で(ちゃっぴーの)野菜をきっている→もうすぐ体重計のはず
って覚えたみたいで、台所で切っていると、うろうろそわそわ。
野菜をまってたちゃっぴーみたいです。

さあはかろうとおもたら、体重計おいた瞬間に乗ろうとするんで、
スイッチいれるまで待ってーーーって、手でおさえないといけないほどでした。

出した時間にごはんを食べるってわけじゃなかったので、朝晩って覚えてはいないみたいで
お昼に私が台所でごそごそしていても、いつのまにかサークルから出てきて
スタンバイ。
ごめん、今は違うのよ・・ってこともたびたび。

くりっとした大きな目で期待をこめてみつめられると、何かあげたくなりそうになるのを
ぐっと我慢でした(笑)

こうやって体重はかったあとは、枕の近くで寝て、ちょっとだけ一緒に
くつろぎタイムでした。

あんまり食べ物に執着ないのに、好きなものにはすごくて、そのギャップがまた
面白かったです。

いろんなことがありすぎて、一緒にいたのが50日くらいとはとても思えないです。

なんとかできなかったのか、もっとしてあげられたことはなかったのか?
考え出すときりがないし、どんどん落ち込んでいきそうなので
もともと病気をもっていたのか、病気になりそうって無意識に予感があったのか
わからないけれど、ころんが最後の場所に我が家を選んでくれたんだって
思うことにします(思いたい・・かな)。

ちゃっぴーもお友達ができるし、じゃあ、それまでちゃっぴーのもの
貸してあげるよって感じだったのかも?

お店で他のうさぎの臭いになれていて、自分だけのものってのがなかった
せいもあるけれど、不思議と、ちゃっぴーのものをな

アーカイブ

2019年9月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30