違いにびっくり

※この日記は、メモしておいたごんの日記を、まとめて7/29にアップしています。
なので、7/29にいくつも記事がアップされていて、日時はあまり関係ないです。

ごんがきて数日たって、あらためてビックリ。

子供っていうせいもあるんだけれど、同じうさぎでも
こんなにネザーとホーランドって違うんだ。

もともと、ロップはひとなつこいし、他の人のおうちのロップも
他人がきても平気で抱っこされたりしてるし、させてもらったので
そうは思っていたんだけれど、ほんとに違う。

我が家にむかえるときも、さんざん悩んだのが実はそれ。
なつきやすくていいといえばいいんだけれど、犬が苦手な人には
あの、うわーーって、大好きーってよってくる感じがだめな人もいますよね?
犬が好きな人、猫が好きな人みたいに。

私はもろに猫派。
犬ももちろん好きだけれど、外でたまにみかけてかわいいなーって思うのと
飼うのは全然違う。
家にいるなら、やっぱりひっそりよりそってくれるような存在が好き。

なので、うさぎの中でも、もろにネザーのほうがあってそうなんですよね。

なので、来てすぐに平気で人によってくるのは子供だからまああるとしても、
だめってたしなめられても、平然として、こわがるそぶりもなし。
興味いっぱいで人によってきます。

だんだん、ちょっとずつ家の人なんだなーって認識してくれてきたようなのと
さすがに落ち着いてきたら、まったく違うっていうほどはげしくなくなってきて
犬っていうよりうさぎっぽくなってきました。

来たころは、よってきても撫でさせてくれても、なついているからというよりは
人がこわくないから逃げる必要がないだけって感じで、来てすぐにそれを
求めるのは無理だけれど、撫でてるけどさみしい感じがしていました。

12年一緒にいた、あうんの呼吸のちゃっぴーと比べるつもりはないんだけれど
やっぱり、信頼しあってよりそっているのとは違うなーって。
ネザーはそのてん、信用してもらえるまでくつろいではくれないので、
なんとなく、徐々に仲良くなっていって信頼を深めていく気になれるんだけど
ロップは最初からなでなでOKだし、どうなの??って(汗)

でも、さすがに、ちょっとずつお互いなれて、撫でようとしたら顔を出してきたりして
なじんできました。

ちゃっぴーと似ていないと・・って、迎えるまではためらいもあったけれど
やっぱり家に、気にかける存在がいるのはいいなーって。

最初はやっぱり、かわいいけれど、ごんがいなかったらちゃっぴー似の
ちゃっぴーの生まれ変わりって思えるうさぎを迎えてたのに・・って
ちょっぴりおもってしまう時もあったし^^;

見ているだけでも落ち着きますし、ちゃっぴーたちを忘れるんじゃなくて
見てると、あー、こうだったなーとか思い出せます。

人からすすめられなければ、新しいこを迎える気にはなれなかった
だろうし、こういう出会いがあってよかったなって思います。



関連記事

  1. NO IMAGE

    2011.10.11

    10日は
  2. NO IMAGE

    2012.04.23

    出して!
  3. 2014.04.06

    机の脚の横

コメントをお待ちしております

CAPTCHA


最近の記事

  1. 2016.06.13

    膿瘍その後
  2. NO IMAGE

    2016.04.08

    ごん5歳に
  3. NO IMAGE

    2016.04.02

    病院へ