膿瘍再手術

膿瘍その後の記事でかいたように、再手術しました。
手術したのは土曜日です。

前回ほど大きいと思わなかったけれど、傷の大きさはほぼ同じくらいになりました。
最初思っていたよりも奥深くのほうまであったそうで、洗浄に時間かかったみたいです。

 

前回の時は、歯が原因とは断定できないとのことだったのですが、やっぱり歯が原因ぽいです。
ただ、野菜も牧草も問題なく食べていて、口の中に傷はなく、よだれも出ていないので、歯の処置をしないといけないほどの歯ではなかったので、なぜ??っておもったけれど、レントゲンを見て説明をきいて納得。

膿があるのは右側なんだけれど、右の上の歯がほぼないというか、口の中をのぞくとあるから、削れるか溶けるかしてかなり短くはぐきすれすれくらいまでしかないのでは??
レントゲンを見ると、下の歯は、左右の歯が重なってみえてギザギザなのが上の歯は、きれいに並んでみえて二重になっていない。
偶然うまく左右の歯がぴったりかさなってレントゲンにうつったとはちょっと考えにくいかも?

あと、前回あった歯が1本減っているので、抜けているのかもとのこと。
そのうえ、1本歯が横になって歯茎にうまっているか歯茎付近で横にかたむいて固定されてそう。
レントゲンを見ると横向きの歯がありました。
前回のレントゲンではその部分が白くなっていて、歯とは断定できず、前からそうだったのか、この数か月のあいだにこうなったのかは不明。

 

膿がたまっているのが、いがいと根深く、歯茎付近すれすれまできていました。
あともう少しで歯茎やぶってでてきそうな・・・。
いっそのこと出口があったら手術しなくてすんだんじゃ?とも思うけれど、無理につきやぶってどんな影響がでるかわからないしねぇ・・・。

その横になってる歯の処置も場所的にむずかしそうだし、処置して膿が完治する保証もない。
膿たまたっていた空洞に、歯の処置に使う薬を埋め込む方法もあるらしいけれど、これも絶対効果があるかというと・・・?

膿の場所や歯の状態を考えると、歯の処置はあまりおすすめできそうもないし、何よりごんの負担を考えると手術はすすめないとのこと。(膿を出す手術は別)
私としても、横の歯をとってしまったことで、今問題なく食べられているのが、うまくいかなくなるかもしれないことのほうが不安だし、年に2-3回膿を出す手術をしないといけないだろう不安はあるけれど、とりあえず、たまったら切開で対応・・・で様子を見ることにする。

 

歯が原因の膿瘍のうさぎさんで、ごんと同じように再発をくりかえしていたうさぎさんが、その原因の歯が抜けて、ぴたっとなおったこともあったみたい。
同じことを期待はしないけれど、何があるかわからないし、歯にしても無理に手術で処置は抵抗があるけれど(今問題なくたべているので)、この先勝手に抜けてしまったのなら、不可抗力なので、しょうがないなー、それで膿もなおればラッキーくらいに考えておこうかな。

 

 



関連記事

  1. 2012.02.28

    肥満予防
  2. NO IMAGE
  3. 2011.08.03

    机の上

コメントをお待ちしております

CAPTCHA


最近の記事

  1. 2016.06.13

    膿瘍その後
  2. NO IMAGE

    2016.04.08

    ごん5歳に
  3. NO IMAGE

    2016.04.02

    病院へ