みかんとのお別れ

※この日記は、ここ最近のことをまとめて7/29にアップしています。
なので、7/29にいくつも記事がアップされていて、日時はあまり関係ないです。

突然すぎたみかんとのお別れです。

原因がなんだったのか、いまだにはっきりわかりません。

歯を削って、毎日お薬生活になったみかん。
サークルでならなでなでもOKだし、すぐ抱っこできるので、
サークルの外でお薬。

少しは怖がらなくなるかなーと、下ろす前に、いつもすこし
体を斜めにした状態で、抱っこしてるというよりは
胸にのってる感じで、みかんをなでなでしてました。

途中ではっと気がついておりようとするんですが、慣れてきたのか
最初のうちはうっとり、顔を出してくるようになってました。
人がこわいというのもあるけれど、見慣れない場所にとまどってたみたい。
なので、サークルの中と外では別人みたいでした。

歯を削ってから一週間。
もどった食欲がまた徐々におちてきてる・・・。
歯はさすがにまだ大丈夫だろうけれど、ちょっとガスがたまりかけてるとか
おなかの動きが鈍くなってるとかかなー?
と、本格的に悪くなる前に、病院にいって薬もらっておこうということになりました。

今はまだ、食べる量がへってるだけで便もしてますし。

病院につれていくと、また血液検査とレンドゲン。
検査なしでは診断できないのはわかるけれど、先週したところなのに・・・。
みかんもストレスだよなあと、ちょっとごめんねって気分でした。

検査結果は異常なし。健康ですとのこと。
ただ、薬をやめると、食べなくなるうさぎさんもいるそうで、
もう少しだけお薬続けましょうとのこと。

まだ、慣れないストレスもあるだろうし、そのほうが安心かも?
とりあえず、なんともなくてよかったと、ほっとしました。

そこで・・、断ればよかったのですが、
お薬注射しときましょうとのこと。

まあ、そのほうがききもはやいだろうし、血液検査等で注射もOKだったから
もうちょっと我慢してねーって気分でした。

ところが、注射をうって、看護師さん(なんていうなろ)が、
キャリーにみかんをもどそうと持ち上げた瞬間、ばたばたって動き出して、
足をけり出してます。

あわてて、キャリーをさしだしたけれど、興奮してなかなかタオルはずれない。
でたころには、全身弛緩しているというか足腰たたない状態で、ひきつけおこした
みたいな感じ。
ころんの酸欠とはあきらかに違います。

その場で、酸素吸入したけれど、回復せず、奥に連れていかれました。

ただごとではないのは分かっているけれど、奥の部屋で何をしているかまったく見えない。
手をつくしてくれてるだろうから、邪魔するよりは我慢。
と思うけれど、30分くらいたっても、何も教えてくれない。

しびれを切らして、看護師さんは何人もいるので(先生も二人)、
どうなってるんですか?と聞いても、もう少し待って下さいだけ。

それから5-10分ほどしてよばれた時には、みかんは息をひきとtってました。

中での詳しい状況とかは、書かないでおきますね。
ただ、背骨がだめになったのかも?レントゲンを撮ったけれど、背骨は
大丈夫でしたとのこと。なので、原因がわからない。
こんなことははじめてで・・・とのことです。

診断はきちんとしてそうだし、うさぎのことも勉強してそうだし・・
と、ちょっと対応や、うさぎの扱い方に疑問はあったのですが、
まだいい病院のほうだと、もろもろのことに目をつぶってしまっていた
自分に後悔です。

実際のところ、ほんとにみかんがびっくりしてこわがりで発作を起こしたのかも
しれませんが、見ている限りでは、引き金は、みかんを持ち上げた時の
持ち上げ方だった気がします。
お尻がういた状態でしたし、蹴りだした足が宙をけるような形になって
脊髄でもいっちゃたんじゃないかと・・・。

レントゲンとったけれどなんともなかったとはいわれたけれど、見てもわかりませんし。
もし、なんともなかったとしても、パニックのひきがねはその動作だった
んだろうなって。
その押さえていた方は、結局最後まで顔を出さず、奥からでてきませんでした。

なんの問題もなく、健康だったのに、一瞬で・・・。

絶対ないことではないので、どうすることもできないけれど、
あの状況で、もうあぶないってわかっているのに30分もあわせてもらえなかったのが
納得できなくてしょうがなかったです。

奥につれていかれて、すぐにもう息をひきとっていたんじゃないかとおもうので・・・。

息をひきとるまえや、ひきとったあとすぐにでも呼んでもらえてたらって。
呼ばれたころには、つめたかったですから・・・。
一番怖い思いをしたときに、そばにいさせてもらえなかったこと。
みかたをかえれば、必死に努力してくれていたという方もいるかもしれません。

でも、私にはどーしてもそうはおもえなかったです。
なんとかごまかそうとしているとしか・・・。

もし、同じことがちゃっぴーの先生のところでおこっていたら、
同じ結果でも、こんな気持ちにはならなかったと思います。
対応が全然違ったと思うので。

何もないのなら、どうして押さえていた人が最後まで顔をみせなかったんだろう?って。
その人が原因ではなくても、普通は何かひとことあるんじゃないかと思います。

せっかく、我が家にやってきてくれて、サークル内ではゴロンとかして
くつろいでくれていたのに・・・。

今は、もう、お月さまでのんびりしてくれていることを祈るばかりです。



関連記事

  1. NO IMAGE
  2. 2011.07.29

    みかんの病院
  3. 2011.03.29

    トイレ完璧!
  4. NO IMAGE
  5. NO IMAGE

コメントをお待ちしております

CAPTCHA


最近の記事

  1. 2016.06.13

    膿瘍その後
  2. NO IMAGE

    2016.04.08

    ごん5歳に
  3. NO IMAGE

    2016.04.02

    病院へ